事業資金にファクタリングが便利!!早期回収が可能になる!!


売掛金を早期回収して事業資金に使える

個人で商品を販売するとき、商品を渡してそのたびに代金を受け取ります。個人客は非常に多く不特定多数になるので、その都度決済をするのが一般的です。ではビジネスではどうかですが、毎日同じ取引先とたくさんの売買を行うケースがあります。そのたびに代金を受け取るのは面倒なので、掛で取引をし受取は一定期間後に行います。個人相手なら販売時にすぐに代金が受け取れますが、相手が会社だとすぐに受け取れません。その分使える資金が少なくなり、借り入れが必要になるときもあります。この時に利用したいのがファクタリングで、売掛債権を現金化する仕組みになります。ファクタリング業者に売掛債権を買い取ってもらって、債権額から一定の割引をした額を受け取ります。借り入れをせずに事業資金の調達ができます。

回収業務を行わずに現金が手に入る

会社における営業職の業務として、まずは客先からの受注があるでしょう。受注があれば納品をしてそして請求書を発行します。最終的に販売代金を回収するまでが営業職の業務と言えます。通常なら請求書を発行して一定期間内に回収ができますが、販売先によっては期間を過ぎてもなかなか支払ってくれないところがあります。この時は営業担当者が何度も請求書を発行したりしなければならず、回収業務が負担になるかもしれません。この時に利用すると良いのがファクタリングです。業者に売掛債権を買い取ってもらって現金を受け取ります。業者が販売先に対して回収を行うので、営業担当者が回収業務をする手間がなくなります。営業担当者は受注などの業務に専念でき、売上アップにつなげられるかも知れません。

売掛責務をファクタリング会社に買い取ってもらうことでその分の金額を受け取ることができます。簡単に資金調達することができ、審査も通りやすいので担保する必要もありません。