新たな基準が必要に!これからの塾選びとは


大学入試改革を正しく知り塾選びに役立てよう

2020年より現行の「大学入試センター試験」が廃止され、新しく「大学入試共通テスト」が開始されるのは既報の通りです。大きな変更点としては、数学・国語で従来のマーク方式に加えて記述式の問題が出題されること、英語の外部検定試験が活用されることが決まっています。特に英語では、これまでの「リーディング」と「リスニング」だけでなく「ライティング」や「スピーキング」も課される点は見逃せません。すでにいくつかの大学でも、外部検定試験を利用した方式の入試が採りいれられており、国公私立や文系・理系を問わずこれからの入試で英語が大きなウェイトを占めるのは、もはや疑いようもありません。そして、この英語こそが受験生の間でもっとも差のつきやすい科目でもあるのです。

学習塾選びに求められる新基準とは

こういった大学入試改革の影響は、当然高校入試や中学入試にも反映されます。したがって、これからの塾選びは「記述問題対策を行ってくれるのか」「英語の4技能対策にどのような指導を行っているのか」がポイントになるといえるでしょう。「記述問題対策」にはどうしても「添削指導」が必要となるため大人数での一斉授業では限界があります。そのため、ふだんは一斉授業を行っている塾でも、必要に応じて個別指導も行ってくれるのか、課題の添削をしてくれるのかを事前に確認しておきたいものです。一方、「英語4技能対策」の場合もスピーキングやライティングの評価を行うにはネイティブスピーカーかそれに近い実力の持ち主が必要です。そういったところまで「深くつっこんで調べる」ことが、これからの塾選びには求められると言えます。

学習塾には、学校以外でわからない教科の復習や、次の授業の予習を行う場所を行う「総合塾」と、受験指導をする「進学塾」があります。

中学生の塾で検索
高校生の塾の情報