デフォルメや色の付け方次第でインパクトを与える


イラストは人を惹きつける

イラストが描けたらいいなあ…と思う時はありませんか。インパクトのあるイラストは人を惹きつけることができるし、それによって仕事の宣伝も可能になります。仕事で使われるイラストはそれだけで集客力が上がるし、その効果は大いに期待されます。注目されるようなイラストを描くには、卓越した技術云々、いかに特徴を捉えアイディアを駆使するかです。つまりアイデア次第で素人でもイラストで成功する可能性は十分にあるということです。

デフォルメさせて描こう

バランスが整った絵は上手に見えます。構図がしっかり取れていないと違和感を感じますから、見る人に安らぎを与えることはできません。ただしイラストは単体で描かれることが多いので、難しい構図を考えずに描くことができます。人を描く場合、体のバランスもありますが、漫画チックな路線ならデフォルメしてごまかしを効かせることも可能です。下手ウマ系のイラストが多いので、本当に下手な人が描いたイラストでも下手だと思われません。

色塗りのテクニックがある

ぬり絵は多くの人に親しまれている遊びであり芸術でもあります。全く同じ絵でも塗る色を変えるだけで別の印象を与えます。描き上げた絵に色をつける時こそ、イラストに命が吹き込まれる瞬間です。暖かいイラストにしたければ、オレンジや黄色などの明るい色を使います。涼しげなイメージなら、海や川などをイメージさせる青系統がいいでしょう。色の組み合わせによって協和はしないものもありますが、それも逆手にインパクトをつけることもできます。

イラストの講座とは、挿絵やカット画、小説の表紙などに使われるような画を、書くことを教える講座のことを言います。趣味として、またプロとして受講する人の幅は広いです。